Aubade Toi mon Amour Night オーバドゥ 【ナイティ/ロングパンツ】
new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/8

Aubade Toi mon Amour Night オーバドゥ 【ナイティ/ロングパンツ】

¥30,800 税込

送料についてはこちら

  • FR 3

  • FR 4

    残り1点

  • FR 5

    残り1点

【納期】 FR 3のみ即納可能。 他サイズはお取り寄せで承ります。 フランスから取り寄せますので納期はご注文後3週間程お日にち頂戴します。 近年Aubadeで定番のナイトウェアコレクション、Toi mon Amour。 上質なシルクサテンを贅沢に使ったラグジュアリーなナイティやラウンジウェアを展開しています。 こちらはロングパンツ単品です。 (※モデル着用のガウンとキャミソール、最後の写真のカーディガンは付属しません。) 限定色のこちらのNightカラーは濃いネイヴィー系にブロンドカラーのフラワー柄。 2021年秋冬のトレンドカラーとして、レプラコーングリーン、ホットピンクと並んでロードナイト(濃いブルー・パープル系)も挙げられていますので、こちらの濃いネイヴィーもトレンドにもマッチしていてこれからの季節にぴったり☆ どことなくシノワズリやジャポニズムといったオリエンタルな雰囲気を感じさせる柄で、柄物でも派手過ぎず日本人に似合う柄なのが嬉しいところ。 個人的にこちらのカラーはパジャマとして着られるものがいいなと思っていまして、今回はキャミソールとロングパンツを入れてみました。 こんなシックで綺麗な柄のパジャマ、想像するだけで素敵でしょう♪ 無地の定番色ももちろん良いけれど、たまには柄物で冒険もしたい! でも綺麗な柄ってなかなか見つからないんですよね。 普段はナイティと言えばスリップなのですが、一目見た時にこれは是非パジャマで!ということでロングパンツをプッシュしています☆ 前側は伸びませんが、後ろ側は全面ゴム入りなので見た目よりも楽ちんです。 ただ身生地はシルク100%で伸びませんので、ゆったりめにお召しいただくよう設計されています。 実寸を下に記載しておりますが、数値だけ見るともっと大きめに感じられるかもしれませんが、FR 3=国産Lサイズ相当ですのでご注意くださいませ。 シルクは通年お使いいただける素材ですが、これからの季節、乾燥による肌荒れに悩まれる方には保湿効果があっておすすめです。 是非普段のラウンジウェアやルームウェアとしてたくさんご活用くださいね♪ ◆サイズ Aubadeのナイティ類・ショーツ類はタグ表記サイズと日本人が着用した際の体感サイズが同じです。 タグ表記はFRサイズで1(S)・2(M)・3(L)・4(XL)・5(2XL)の表記ですが、国産ブランドでも同じS・M・L・XL・2XLサイズ相当です。 ※サイズ選択欄に記載されているサイズはタグに記載されたサイズです。 ●ロングパンツ FR 3 実寸 股下:約77cm、ウェスト:片面約38cm(後ろのゴムを伸ばすと片面+3cm程伸びます)、ヒップ:片面約55cm、わたり幅:片面約34cm、裾幅:片面約23cm ◆素材:シルクサテン:16匁、100% シルク ◆ブランド紹介 (同業者様、当店の説明文を盗用しないでください。) 日本では最も有名でファンも多いインポートランジェリーブランドと言っても過言ではないAubade。 デザインや素材のクオリティとプライシングのバランスが良く、普段着にさり気なく纏えるところも魅力の1つです。 Aubade(オーバドゥ)とは、フランス語で「朝の詩」という意味です。 夜明けに別れていく恋人たちを歌うポエムやラヴソング。 そんな詩的でロマンンティックな言葉をブランド名に選んだパリのブランドAubadeは、切ない別れ、そして別れがやってくる前のエモーショナルな愛の光景を想起させます。 1958年の設立以来、最初のデザイナーズランジェリーブランドとして広く認識されるようになったAubadeは、歓びを与えてくれると同時に、女性のセンシュアリティを謳歌するランジェリーを次々と誕生させてきました。 そして、ランジェリー業界、ファッション業界に様々な改革も起こしてきました。 例えばマッチしたカラーのブラとショーツ。 以前はブラとショーツの色やデザインを合わせて着用するという習慣や概念自体がなかったところに、合わせるということを提唱したのがAubadeです。 他にもストラップレスブラ、ホルターネックブラ、フロントホックブラ等、今はどれも定番とも言える型ですが、当時は大変斬新なデザインを初めて考案しました。 そんなAubadeのランジェリーは、厳選されたハイクオリティな素材で美しく仕上げられていて、いかにもフレンチシックで、エレガンスとグラマラスの象徴。 常に時代のトレンドと変化するシーズンを反映しつつ、他のブランドと一線を画したランジェリー作りに情熱を注いでいます。